【頂上決定戦】おすすめの宅建通信講座はどれ!?ガチで比較した結果は…?

【頂上決定戦】おすすめの宅建通信講座はどれ!?ガチで比較した結果は…?通信・通学講座

不動産業界で働く人の必須資格ともいえる「宅建士」。

宅建がないとできない業務があったり、保有しているだけで資格手当が出る会社も多いので、できるだけ早く取得したいものです。

しかしながら、宅建士試験の合格率は15〜17%で推移しており、決して高くありません。

あまりお金を掛けずに合格したいからと通信講座の受講を検討している人もいるでしょう。

あおい
あおい

宅建の通信講座と一言にいってもいろいろあるので、自分に合った講座を選ぶのは難しいものです。

宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性1

通信講座を受けたいけど、できれば安く済ませたいわ。

就活中の大学生
宅建合格を目指す女性2

絶対に一発合格したい私はどの講座がいいかな?

できれば安く済ませたい・絶対合格したいけど、どの講座を選べばいいのか分からない人のために、今回は宅建通信講座6つをランキングにしておすすめの講座をご紹介します。

あおい
あおい

今すぐにランキングをご覧になりたい人はコチラをクリック。

おすすめ宅建通信講座ランキング
  • 料金が安い講座ランキング
  • 合格率が高い講座ランキング
  • 総合講座ランキング
この記事を見れば、どの宅建講座を選べばいいのか分かります。

宅建通信講座の選び方

宅建の通信講座はどうやって選べばいいのか?

まずは選ぶ基準を明確にしていきましょう。

宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性1

どんな基準から選べばいいの?

宅建の通信講座を選ぶ基準
  • 講座料金
  • 合格率
  • 過去問があるかどうか

それぞれ説明していきます。

講座料金

やっぱり1番気になるのは講座料金ですよね。

月額980円のものから一括20万円くらいするものまで様々な講座があります。

講座内容やサービスは少しずつ違いますし、料金だけで選ぶわけにはいきませんが、できれば安い方がいいですよね。

あおい
あおい

通勤中などのスキマ時間に補助的な役割として通信講座を利用する人は安いと嬉しいですよね。

大手予備校の講座は模試が付いてくるものもありますが、それでも他と比べて割高です。

高いからいいというわけでは決してありません。

開始月が遅く、試験まであまり期間がない場合には月額で始められる宅建講座を選ぶのも一つの手

また、支払った料金の20%が戻ってくる教育訓練給付制度(一般教育訓練)というのもあります。

あおい
あおい

教育訓練練給付制度を使うと高い講座でもお得に受講することができます。

宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性1

20%も戻ってくるなんてすごい!嬉しい!

教育訓練給付制度は国の制度です。

雇用保険の加入期間が通算1年以上などの条件があります。

そして、すべての講座が対象ではなく、対象の講座は限られています。

教育訓練給付制度の詳細・対象の講座については、以下の記事で詳しく書いてますのであわせてご覧ください→宅建講座料金の20%が戻ってくる教育訓練給付制度(一般教育訓練)!要件や対象講座も紹介!

合格率

せっかく講座を受けるのだから気になるのが合格率ですよね。

ここ10年の宅建試験全体の合格率は15%〜17%で推移してます。

宅建講座の中には合格率70%を超える驚異的なものも。

就活中の大学生
宅建合格を目指す女性2

一発合格したい私は金額が高くても合格率が高い講座がいいわ。

高い合格率の講座は効率的に学習できるよう試験に出るところを中心に学ぶテキストとなっています。

あおい
あおい

特に大切なところだけをテキストで学ぶので少ない時間で効率的に学習できるのです。

そして、過去問などの多くの問題演習をときながら頭にたたきこんでいきます。

合格率が発表されてない・合格率が低いから悪いというわけではありません。

自分に合ってる講座(講座がわかりやすい、質問できるか、モチベーションが維持できるかなど)であるかが一番大切です。

逆に合格率が高いからと言って、安心してはいきません。

どんなにいい講座であっても、結局は自分でうまく勉強できるかがとても大切です。

過去問があるかどうか

宅建の試験は6〜7割が過去問とその周辺知識からの出題となりますので、過去問は非常に大切です。

過去問が通信講座の内容に含まれていれば、気軽にスマホで解くことができます。

解説もしっかり読みながら繰り返し解くことで、自然と頭に入れることができるのです。

あおい
あおい

過去問があるかはとても大切です。

ただし、過去問は講座でなくても市販のものがありますので、必ずしも講座内容になくても大丈夫です。

created by Rinker
ユーキャン学び出版/自由国民社
¥2,860(2020/07/04 22:37:42時点 Amazon調べ-詳細)
宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性

通学・通勤中に気軽に勉強できるので、過去問がある講座のほうが良さそうね。

宅建の通信講座おすすめランキング

宅建のおすすめ通信講座ランキングを項目別にご紹介していきます。

まずは宅建の通信講座をまとめた表をご覧ください。

講座名料金合格率受講方法過去問教育訓練給付制度模試質問スケジュール管理特徴
ユーキャン税込63,000円未公表オンラインのみ3か月で合格を目指せる速学講座がある
スタディング税別18,500円(分割払い可)未公表オンラインのみ ✕✕ ✕ 勉強仲間機能でモチベーションを維持しやすい
フォーサイト税別56,800円~71.50%オンライン&DVD〇(バリューセット受講の場合)〇(バリューセット2のみ)〇(5回まで)e-ラーニングでゲーム感覚で学習できる。不合格時の全額返金制度あり。
資格スクエア税別70,000円。79%オンラインのみ〇(未来問)〇 ✕  未来問のカテゴリ的中率は74%(2019年)。
オンスク.JP月額税別980円~未公表オンラインのみ✕ 〇 低価格。月額料金システムがあり。 
アガルート税別29,800円~55.60%オンラインのみ✕ 〇 ✕ 試験に合格した場合、条件を満たすと全額返金してもらえる 

 

それでは、以下のランキングを見ていきましょう。

おすすめ宅建通信講座ランキング
  • 料金が安い講座ランキング
  • 合格率が高い講座ランキング
  • 総合講座ランキング

料金が安い講座

まずは料金が安い講座です。

1年実質料金BEST3
1位:オンスク.JP
2位:スタディング
3位:
あおい
あおい

月額980円からできるオンスク.JPが断トツで1位です!

月額ではなく、例えば12ヶ月分を一括で払うと上位プランでも14,000円(ひと月あたり1,200円以下)で受講できます。

2位には過去問がある講座で1番安いスタディングがランクイン。

料金は一括払いで、税別18,500円(分割払いの場合は月々1,833円から)。

それ以外は一気に料金が上がってしまいます。

合格率が高い講座

次に合格率が高い講座です。

合格率BEST3
1位:資格スクエア
2位:フォーサイト
3位:アガルート
あおい
あおい

ここでは、未来問で有名な資格スクエアが1位となりました!

資格スクエアは合格率が

 

資格スクエアに続くのがフォーサイト。

 

 

 

総合おすすめ講座

最後は総合おすすめ講座ランキングです。

総合おすすめ講座BEST3
1位:フォーサイト
2位:スタディング
3位:オンスク.JP

 

オンライン講義のメリットはスマホやPCでどこでも受講ができること。また、安い料金で受けれることもメリットです。

しかし、質問ができなかったり、インターネット通信量を使ってしまうなどのデメリットがあります。

 

 

 

 

比較した宅建通信講座

今回、比較した宅建通信講座6つを一つずつ解説していきます。

比較した宅建通信講座6つ
  • スタディング
  • フォーサイト
  • 資格スクエア
  • オンスク.JP
  • ユーキャン
  • アガルート

それでは、宅建士試験のおすすめ講座について一つずつ比較していきます。

スタディング

1つ目にご紹介するのは、自宅や通勤中にオンラインで勉強できる「スタディング 宅建士講座」。

ビデオ講座、音声講座、WEBテキスト、問題集、セレクト過去問集、13年分テーマ別過去問集が含まれています。

料金は税別18,500円(分割払いの場合、月々1,833円から)。

[box04 title=”スタディングのメリットは?”]

  • スマホやPCでいつでもどこでもすき間の時間で勉強できる
  • アプリで動画を事前ダウンロードできるので、通信量を気にしないでOK(アプリはiPhone、iPadなどのiOS版のみ)
  • オンライン動画の講義を見れる
  • セレクト過去問集・13年分のテーマ別過去問集がついている
  • 勉強仲間の投稿を見て、モチベーションを維持できる
  • コストパフォーマンスに優れている

[/box04]

スタディングはすき間の時間で学習することができます。通勤の往復時間や仕事の休憩時間を利用するのもいいでしょう。忙しい社会人にはぴったりです。

テキストだけでは内容が頭に入らず苦労しますが、動画があるので、耳で聞いて&目で見て、かんたんに理解することができます。

さらに、セレクト過去問集・13年分のテーマ別過去問集がついています。

よく宅建の試験には「過去問をやるかとがとても大切」と言わますが、スタディングの過去問は使いやすく、達成度も一目で確認できるので、モチベーション維持にはもってこいです。

料金は税別18,500円で、月々1,833円からの分割払いも可能です。資格の学校に通うことを考えると格段にコストパフォーマンスに優れています。

[box05 title=”スタディングのデメリットは?”]

  • 生の講義ではないので、質問ができない
  • いつでも受講できるので、自分で時間を管理する必要がある。[/box05]

スタディングのデメリットは、生の講義でははいなので、質問ができないこと。わからないところは別で調べる必要があります。

また、いつでもどこでも受講できるので、逆にだらけてしまう可能性も。自分で時間を管理して、勉強する必要があります。

フォーサイト

2つ目にご紹介するのは、71.5%の高い合格率で人気の「フォーサイト」。

基礎講座・過去問講座・直前対策講座から構成されており、フルカラーのテキスト、講義DVD、問題集などがついてきます。

3つの講座をセットで受講すると税別66,800円です。

しかし、フォーサイトのページを開くと5,000円のクーポンコードが出てきますので、それを使うと税別61,800円となります。

また、教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座なので、条件を満たせば、修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付され戻ってきます。

さらに、もし不合格になった場合は一定の条件を満たせば、学費が全額戻ってくる全額返金保証制度があるんです。

[box04 title=”フォーサイトのメリットは?”]

  • 合格率の高い良質な講座である
  • スマホやPCでいつでもどこでもすき間の時間で勉強できる
  • 無料のメール質問ができる
  • 教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座なので、支払ったお金が20%戻ってくる
  • 不合格になtt場合の全額返金保証制度がある

[/box04]

フォーサイトは何といっても高い合格率が魅力。

 

[box05 title=”フォーサイトのデメリットは?”]

  • 模試&予想問題がない
  • いつでも受講できるので、自分で時間を管理する必要がある。[/box05]

 

 

資格スクエア

3つ目にご紹介するのは「資格スクエア」。

資格スクエアは、短期間でとにかく「合格に必要な知識」だけを徹底的に身につけることに重点を置いています。

受講者の合格率はなんと79%。とても高いのが特徴です。

料金は動画でのインプット講座(約50時間)・アウトプット講座(約40時間)、直前対策講座(約10時間)に未来問(後ほど詳しく説明します。)が2セットついて、税別70,000円。

4/30(木)までの申し込みで、追加料金なしで、3年間宅建士試験の5問免除することができる特定の講習を受けることができます。

[box04 title=”資格スクエアのメリットは?”]

  • 短期間で合格を目指せる
  • 未来問のカテゴリ的中率が高く、出る可能性が高いところを集中して勉強できる

[/box04]

宅建試験は問題のおよそ70%に正解すると合格します(35点がボーダーライン)。

資格スクエアの「未来問」の2019年度の宅建試験のカテゴリー的中率は74%、2018年度は78%と高いです。

カテゴリーを絞って学習することで、短期間で合格率を上げることが可能となります。

※未来問とは…約30年分の過去問題をAIに学習させ、90個のカテゴリに分類し、毎年度の出題傾向を学習させ、出題問題50題を予測したもの。未来門のカテゴリが本試験で出題された問題のカテゴリと一致した率が「カテゴリ的中率」です。

「未来問」は第16回日本e-learning大賞において、「AI・人工知能特別部門賞」を、第4回IMS JAPAN賞において「優秀賞」を受賞しています。

未来問1セットはコチラから資格スクエアに無料登録するするだけで試すことができます。

[box05 title=”スタディングのデメリットは?”]

  • 学習ポイントをしぼっているので、的がはずれる可能性がある[/box05]

資格スクエアのデメリットは、ご想像の通りです。学習するポイントがはずれたら悲惨なことになります。

時間がなく、追い込まれた状況でない限りは、資格スクエアだけでなく、他でも勉強するようにしましょう。

 

 

オンスク.JP

4つ目にご紹介するのは、

 

ユーキャン

 

 

アガルート

 

 

宅建士試験の人気講座7つの評判・口コミ、料金などを徹底比較まとめ

今回は、宅建士試験の人気講座7つの評判・口コミ、料金などを徹底的に比較しました。

 

通信・通学講座

有名講師による格安オンライン宅建講座「スタケン」の宅建講座の内容と評判や口コミ

料金も高めで通学が面倒なスクールとは違い、WEB上で学べるスタケンの宅建講座。 宅建合格を目指している人の中には「スタケンって聞いたことはあるけれど、実際どうなんだろう?」と気になっている人もいるのでは? 今回は、スタケンの宅建...
2020.07.01
通信・通学講座

オンスク.JPの宅建講座内容や評判・口コミ!月額料金制なので、短期でも始められる!

オンスク.JPの宅建講座はスマホやパソコンで「いつでも・どこでも・自分のペース」で勉強できます。資格専門学校TACの講師の講義なので内容も安心です。宅建のオンライン講座は一括で料金を支払うものばかりですが、「オンスク.JP」なら月額料金980円からなので、短期での受講もしやすく、気軽に始めることができます。今回は、月額料金制で抜群の人気を誇る宅建講座「オンスク.JP」の内容と評判・口コミ、人気の秘密について説明します。
2020.06.29
通信・通学講座

アガルートアカデミーの宅建講座の内容や評判・口コミを徹底解説

「アガルート」の講座受講者の合格率は平均の3.27倍の55.6%。価格と内容、合格率のバランスの取れた講座です。専門講師へいつでも質問できる点や、合格時の全額受講料返金など他社にない特徴があります。今回は、オンライン宅建講座で抜群の合格実績を誇る「アガルートアカデミー」の講座内容、評判・口コミ、合格の秘訣について徹底解説します。
2020.06.29
通信・通学講座

スキマ時間を有効活用!スタディングの宅建講座の内容や評判・口コミを徹底解説

スタディングの宅建講座は、スマホやPCでいつでもどこでもすき間の時間で勉強できますし、コストパフォーマンスにとても優れています。独学だとモチベーションを維持するのも1つの大きな問題点ですが、勉強仲間機能で投稿を発信・見ることで、維持をすることができます。実際にスタディングの講座を受講して宅建に合格した私が、スタディングの宅建講座の講座内容と評判や口コミをご紹介します。
2020.06.29
通信・通学講座

【高い合格率】フォーサイトの宅建講座の内容や評判・口コミを徹底解説

フォーサイトの宅建講座は広告宣伝費にあまりお金をかけない分、低価格。なおかつ講座内容が充実していることから評判のいい人気の通信講座です。2019年度のフォーサイトの合格率は全国平均の4.21倍。受講生の71.5%が短期間で合格しています。今回は、高い合格率を誇るフォーサイトの宅建講座の内容や評判・口コミなどを徹底解説していきます。
2020.06.29
通信・通学講座

TACの宅建講座のプログラム内容とリアルな評判&口コミ

資格専門予備校の「TAC(タック)」。 2016年~2018年は毎年1200名以上の宅建士合格を出しているほど実績十分です。 あおい 宅建士の予備校に行こうと考えたことがある人なら「TAC」をご存知の人も多...
2020.06.29
通信・通学講座

宅建の未来問とは?資格スクエアの宅建講座の内容と評判・口コミ!実際に申し込んで、体験してみた!

宅建のオンライン講座を提供している「資格スクエア」。資格スクエアの模試「未来問」のカテゴリー的中率は2019年度は74%と高く、実際に受講生の79%が宅建に合格しています(合格率の全国平均は17%)。今回は、資格スクエアの宅建士講座の内容と評判・口コミなどをご紹介します。実際に資格スクエアの講座の体験談もお話しします。
2020.06.29
通信・通学講座

LECの宅建講座のプログラム内容とリアルな評判&口コミ

資格取得支援予備校の大手「LEC(レック)」。LECの宅建士の講座受講者の2019年の合格率は75.1%。全体の合格率の17%と比べて、とても高い合格率です。料金は高額ですが、通学講座は生の講義を聞いたり、わからないところを質問することができるのでおすすめ。今回は、LECの宅建講座の内容とリアルな評判や口コミをご紹介します。
2020.06.29
ぜひシェアをお願いします
タイトルとURLをコピーしました