宅建について

宅建士の試験とはどういうものなのかを説明したページです。

宅建について

どんな人が宅建に不合格になるの?落ちた人の感想や反省点から学ぼう!

これから宅建士の試験を受験する人はどんな人が不合格になるのか、何が理由で不合格になったのか気になることでしょう。不動産業界で働く私の周りには、宅建に落ちた人も少なからずいます。実際に宅建に不合格になった人の感想や反省点(勉強時間や勉強方法)をご紹介します。落ちた理由が事前にわかれば対策できるので、同じ過ちをしないよう注意しましょう。
2020.07.14
宅建について

宅建の合格ってどれくらいすごいの?難易度は?

難関資格の登竜門として知られる宅建士。インターネット上では「かなり難しくハードルが高い、ステータス」という声もあれば、「勉強をすれば簡単に合格できた」という意見も存在します。いったい資格の難易度はどのくらいで、宅建合格はどれぐらいすごいことなのでしょうか。今回は宅建合格の難易度とすごさについて解説していきます。
2020.12.03
宅建について

【2020年最新】宅建試験合格後の流れと手続き方法について

宅建士を名乗るには、合格後に宅建士登録の手続きなどをおこない、宅建士証をもらう必要があります。合格後の流れは4パターンあります。パターンによって、講習や手続きなどが異なりますので、自分はなにが必要なのか把握しておきましょう。今回は、【最新2020年版】宅建士合格後の流れと手続きについて、必要な書類も含めてご説明します。
2020.07.14
宅建について

宅建の5点免除がある登録講習の試験の難易度は?落ちることはある?

登録講習を受け、修了試験に合格するだけで宅建の5点が免除となります。講義ではテストに出る重要なポイントを教えてくれますし、授業をちゃんと聞いていれば、基本的には落ちることはありません。5点免除はほぼ確実です。今回は、宅建の登録講習の5点免除の修了試験は難しいのか、落ちることはあるのかどうかを説明していきます。
2020.07.14
宅建について

宅建の合格率が低い理由とは?合格するためにはどうすればいい!?

不動産業界で働く人はぜひ持っておきたい宅建士ですが、試験の合格率は17%(2019年)と低いんです。宅建の合格率は低いですが、受からないわけではありません。勉強時間を確保し、正しい勉強方法をとれば、合格することができます。今回は、宅建の合格率が低い理由と合格するためにはどうすればいいのかをご説明します。
2020.07.14
宅建について

宅建講座料金の20%が戻ってくる教育訓練給付制度(一般教育訓練)!要件や対象講座も紹介!

教育訓練給付制度とは、雇用の安定と再就職の促進を目的としている制度。厚生労働大臣が指定する宅建講座を受講・修了した際に、修了までに支払った学費の20%(最大10万円)がハローワークから給付されます。今回は、宅建講座料金の20%が給付される教育訓練給付制度(一般教育訓練)を詳しく説明します。給付要件や対象の宅建講座も紹介しますので、給付金を希望される方はぜひ最後までごらんください。
2020.06.29
宅建について

宅建士の登録講習を受けると5問免除に!免除の範囲や受講資格・費用は?

宅建の「登録講習」をご存知でしょうか?予備校や専門学校で登録講習を受けることで、宅建士の試験を受けるときに5問免除してもらえる制度です。5問免除というのは、すなわち5問はわからなくても確実に正解となるということ。今回は、受講すると「5問免除してもらえる宅建の登録講習」の免除の範囲や受講資格・費用をご説明します。
2020.07.14
ぜひシェアをお願いします
タイトルとURLをコピーしました