独学での宅建合格は厳しい?独学が向いている人の特徴

宅建は独学だと厳しい?合格するために必要なこと

宅建は独学での勉強で合格できるのでしょうか?

答えは「時間をかけてコツコツとやらなければ厳しい」です。

逆に言えば、時間をかけて勉強すれば独学でも宅建に合格できるということです。

本記事では、宅建の独学での合格は厳しいが可能である理由、独学が向いている人の特徴を説明します。

 

あおい
あおい

以下のような人に読んで欲しい内容です。

  • 宅建を独学で勉強しようと思っている人
  • 独学で勉強したいけどやり方がわからない人
  • 宅建を独学で勉強するのは難しいの?と思っている人

もくじをタップすると読みたいところまで飛ばすことができます。

※いつでも解約OK!退会後もずっと無料で聞ける!

独学での宅建合格が厳しいと言われる理由

宅建は独学だと厳しい?合格するために必要なこと1

宅建の独学は初心者には難しいと言われる5つの理由を解説していきます。

世間一般的には、宅建は独学ではなく塾やスクールに通って学ぶことが主流です。

なぜ宅建は独学では難しいと言われているのでしょうか?

先生や合格者に質問できない

独学でする場合は、「問題の答えが分からない時・単純に疑問点が出た時」などに先生や合格者に質問できません。

過去問などで答えが分かったとしても「答えの理由」が分からなければ、解決しません。

塾やスクールに通っていれば、宅建の資格を持っている先生や合格者にすぐ疑問点や問題の答えの内容を聞くことができます。

モチベーションの維持が難しい

宅建を独学で行う場合は、誰からも監視されずに完全1人で勉強するので、強制的な環境ではなく、途中で諦めてしまう可能性もあります。

あおい
あおい

モチベーションの維持が難しいです。

塾やスクールに通う場合は、仲間ができるので一緒に勉強したり励まし合ったりできますが、独学だと1人で1年間の頑張りが必要です。

孤独でも勉強を継続できる人に向いています。

情報が多すぎてどれが正解か分からずに難しい

今の時代は、情報量が非常に多く初心者の人が取捨選択をするのが難しく、どれが正解か分からないようになっています。

不動産の職業に就いている人や宅建の勉強を1度でも行ったことがある人ならどれが正解か分かりますが、そうでない人には難しいでしょう。

法改正が行われた場合に対応しにくい

宅建で取り扱う法律は、法改正が定期的にありますので独学だと対応が難しいです。

塾やスクールに通っていれば、法改正があった場合には先生や塾講師などがすぐ教えてくれますが、独学では全て1人で調べる必要があります。

1人で調べることは不可能ではありませんが、相当な手間と時間が必要ですし、そもそも気づかずに本番を迎えてしまう可能性があります。

あおい
あおい

テキストや問題集などは最新版のものを使うようにしましょう。

宅建初心者でも独学に向いている人の特徴

宅建は独学だと厳しい?合格するために必要なこと2

宅建の初心者でも独学に向いている人の特徴は3つあります。

計画性を持って行動できる人

独学に向いている人は、計画性を持って行動できる人です。

宅建の試験は、1年に1回しかないので計画を立てて行動しなければ必ず挫折します。

例えば、10月に試験がある場合には以下のように毎月の計画を具体的に立てていくことが重要です。

  • 1月~3月は、基礎を徹底的に叩き込もう
  • 4月~5月は、得意な分野を伸ばしつつ不得意な分野を克服していこう
  • 6月~9月は、過去問を沢山解いて実力を伸ばそう
  • 10月は、最終確認を行う

宅建を独学で合格できるのは自分で情報を取捨選択できる人

独学で向いている人は、自分で必要な情報を取捨選択できる人。

独学だとどうしても多くの情報を取ってしまいますが、全てを覚えきるのは不可能です。

情報を取捨選択して、重要なことだけを勉強していくのが大事です。

宅建を独学で合格できるのは諦めることなく継続できる人

独学で宅建に合格するには、途中で諦めることなく継続できる人。

独学は挫折しやすいので、とにかく継続するのが大事です。

諦めない心を持って、しんどくても継続できる人は独学に向いています。

宅建を独学で勉強するメリット

宅建は独学だと厳しい?合格するために必要なこと3

宅建を独学で勉強するメリットは2つです。

費用を抑えることができる

独学で行うと、圧倒的に費用を抑えることができます。

独学で宅建の勉強をする場合は、基本的にテキストと過去問があれば良いです。

1万円以下に費用を抑えることもできます。

塾やスクールに通うと数万円〜数十万円はかかってくるので、お金を抑えたい人にはメリットです。

自分のペースで勉強できる

独学だと自分のペースで勉強をしたい時にできます。

塾やスクールのように始まる時間や終わる時間が決まってません。

独学で勉強する場合は、早朝でも良いですし、深夜遅くても良いです。

宅建の試験は独学だと厳しいのかまとめ

宅建は独学だと厳しい?合格するために必要なこと5

宅建の独学での合格は厳しいが可能である理由、独学が向いている人の特徴を説明しました。

あおい
あおい

宅建の試験は独学でも合格できます。

塾やスクールに通っていても合格合格できない人もいます。

一番重要なのは、あきらめない心と勉強量です。

勉強量を意識してあきらめずに勉強すれば、独学でも合格することは可能です。

「宅建の試験は難易度が高く独学では難しい」と言われますが、気にする必要はありません。

※いつでも解約OK!退会後もずっと無料で聞ける!

コメント

タイトルとURLをコピーしました