不動産業界の給料や年収はどれくらい?給与アップするにはどうすればいい?

不動産業界の給料や年収はどれくらい?給与アップするにはどうすればいい?

不動産業界は激務で高収入というイメージがありませんか?

しかし、業界誌の調査によると不動産業界の平均年収は400万円となっています。

400万円ではけっして高収入とは言えませんが、やはり不動産業界には年収1,000万円以上の営業マンが相当数見受けられます。

宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性

給料がどれくらいなのか気になるわ。

あおい
あおい

実際に私の周りにも年収1,000万円を超える人がチラホラいます。

今回は、不動産業界の給料や年収はどれくらいなのか、給与をアップさせるにはどうすればいいのかについて解説していきます。

あおい
あおい

不動産業界の給料が気になる人は最後までご覧ください。

不動産営業の年齢別給料・年収とボーナス

不動産業界の平均年収400万円は不動産会社に勤める営業マンの他にも事務職、経理、受付業務などあらゆる社員の給与の平均値となっています。

年齢平均年収平均月給賞与
20代512万円42.6万円128万円
30代668万円55.6万円167万円
40代848万円70.6万円212万円
50代956万円79.6万円239万円
60代648万円54万円162万円

平均年収.jpより引用

不動産業界で高収入を得ているのはズバリ「不動産営業マン」。

不動産営業マンは不動産の売買や賃貸の仲介などの契約の獲得に向けて、個人・法人などに営業活動を行う外回り営業のこと。

会社に直接利益をもたらす部門であるため、成果に対しては対価をしっかり払うということで、歩合給での高収入というパターンが多いのです。

あおい
あおい

しかし、反対にスキルが足りず成績が悪いと高収入は難しいというのが実情です。

不動産業界において、給料・年収を上げるためにはどうすればいいのか詳しくみていきましょう。

不動産の営業は売買と賃貸でも給料や年収が違う?

不動産の営業には大きく分けて「売買」と「賃貸」の2種類があります。

不動産の売買営業とは、建物や土地を仲介して販売する営業活動を行います。

あおい
あおい

売買営業は幅広い不動産知識を身につけることができるので、スキルも早く身につきます。

泥臭い営業は必須ですが、結果さえだせばすぐに収入アップを目指せるので、とにかく高収入を目指したいという人にオススメ。

賃貸の営業とは賃貸用の建物や土地を仲介する営業活動を行います。

売買と比較すると、そこまで高い営業スキルは不要です。

成果による給与アップなどは売買よりも少ないので、どちらかというと安定志向の方に向いています。

目次に戻る▶▶

不動産業界で高収入を得るにはどうすればいいのか?

不動産業界で高収入を得るには売買の営業(仲介)を仕事にするのが近道です。

営業成績により、大きく給与アップが見込めます。

あおい
あおい

家や土地が売れると会社に大きな利益をもたらすことができますので、給与に反映されるのです。

会社に大きな利益をもたらす売買の仲介ですが、業務内容も賃貸の仲介と比べて幅広く、専門の知識が必須となります。

売買仲介の主な業務内容は以下の通り。

一つずつ詳しく説明していきます。

①チラシ・広告営業

チラシや広告から不動産を売りたいという見込み客の問い合わせを集めます。

②売りたいという見込み客からの問い合わせに対応

不動産を売りたいとう見込み客からの問い合わせに対応します。

まずはアポイント取り付けたり、現地・法務局での物件確認を行います。

③物件の査定

過去の取引履歴や近隣の物件価格から査定を行います。

相手が満足する価格でなければ売りに出してもらえませんが、高く買取をしても利益が削られるので営業マンの交渉力が重要になるシーンです。

④媒介契約を締結

媒介契約とは不動産を売る営業活動について、不動産業者に依頼する契約のことです。

媒介契約には3種類あり、通常は専属専任媒介契約を締結します。

専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約
他の不動産会社との契約の可否××
契約は1社のみ同時に他の会社とも契約は可能
自分で買主を見つけた場合×
仲介が必要仲介はなし
契約期間最長3カ月規定なし
レインズへの登録義務×
契約から5日以内契約から7日以内登録義務なし
報告頻度7日に1回以上14日に1回以上規定なし
あおい
あおい

家探しなどで不動産業者に行くと、パソコンを使って条件に合った物件を探してくれますよね。

レインズとは・・・「国土交通省から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステム」。会員である不動産業者のパソコンとつながっており、物件の登録・検索等をすべてオンラインでできるシステム。

⑤WEBやチラシなどに広告を出す

レインズという不動産業者用のWeb検索システムへ登録して売買の斡旋あっせんを行うほかにも、自社でインターネット上やチラシで広告を行います。

⑥見込み客へPR、物件案内

広告から反応があった場合、問い合わせしてきた見込み客に物件のPRや見学の案内を行います。

契約を決めることができるかどうかは、営業マンのスキルによるところが大きく、結果を出せる営業マンはそれに見合った高収入を得ることができます。

⑦ローン手続き

お客様が購入を決めた場合は、ローンの審査など手続きを進めます。

ローンの仕組みや最適なローンプランについてなど、お客様からの疑問について応えられる知識が求められます。

⑧物件調査

対象物件の調査を行います。

水道・ガスなどインフラの状況、登記簿上の情報と不動産の現況が一致しているかなど不動産の目利きが重要。

ここで見落としがあると、後にトラブルにつながるので注意が必要です。

⑨売買契約書・重要事項説明(宅建士)

お客様が不動産の購入を決めた場合に売買契約を締結します。

不動産の売買では契約締結前に重要事項説明を行います。

これらの書類の説明や押印は宅建士の資格を持っている者が行わなければならないルールです。

目次に戻る▶▶

給料が高い不動産会社に就職する方法

給料が高い不動産会社に就職する方法にはどのような方法があるのでしょうか。

あおい
あおい

不動産会社の営業はハードな仕事で辞める人も少なからずいるため、比較的求人は見つけやすいです。

WEB求人やハローワークなどで給料の高い求人を探すという方法もあります。

既に別の不動産会社で働いているという人であれば、紹介や縁故えんこ(血縁など)で入社するという方法も。

紹介や縁故えんこの場合には内情をわかったうえで就職できるので、収入事情についても確認を取るといいでしょう。

宅建士の資格があればさらなる給料アップも

宅建士の資格を持っていれば、さらなる給与アップも可能です。

まず、宅建士を保有すると多くの会社では資格手当をもらうことができます。

毎月2万円~3万円が目安で、大手企業では5万円の資格手当が付与されることも。

あおい
あおい

私も月に3万円資格手当てをもらってます。

年間で24万円~60万円の差が資格の有無で変わるので、宅建士の資格を取得すれば手堅く年収アップができるでしょう。

また、宅建士の資格取得することで、個人のスキルアップや顧客からの信用度を高めることにもつながるので、売買の仲介の際の信頼度も上がります。

高収入を得るために宅建士の資格は有効と言えます。

不動産業界の給料や年収まとめ

今回は、不動産業界の給料や年収はどれくらいなのか、給与をアップさせるにはどうすればいいのかについて解説しました。

不動産業界の平均給与である400万円は営業職以外の総務・経理・管理部門などあらゆる部門の社員を含む平均となっています。

あおい
あおい

実際の営業マンの中には成績次第で年収1000万円以上稼ぐ人も少なからずいます。

特に不動産の売買で歩合給の営業マンは高収入であることが知られており、不動産業界でもハードな仕事であることから求人は安定しています。

そのうえで宅建士の資格を持っていると資格手当が毎月2万円~3万円、大手企業では毎月5万円支払う企業もあるので収入アップの登竜門と言えます。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました