不動産会社への就職はどのようにする?

不動産会社での就職を希望する場合、どのタイプの不動産会社で働くか考える必要があります。

一言に不動産会社と言っても様々な種類があり、各業態で取り扱う仕事内容が異なるためです。

宅建合格を目指す女性
不動産業界を目指す女性

どの会社に就職すればいいのかわからないわ。

あおい
あおい

業態によって、仕事内容は変わります。詳しくみていきましょう。

今回は、不動産業界への就職を考えている人にむけて、給食の方法や仕事内容について紹介します。

不動産会社への就職のコツ

不動産業界の年間売上高1

公益財団法人不動産流通推進センターによると、平成28年度(2016年)の不動産業界の年間売上高は43兆円と発表しました。

自動車産業、建設業界、医療業界についでの大きな市場規模です。

不動産業界は日本経済をけん引している重要な業界といっても差し支えはないでしょう。

不動産会社は上記の通り、業界規模も大きいですが、新卒からの人気は高く、けっして楽に就職できるわけではありません。

就職のコツは形式的な面接対策よりも、自分の人となりやエピソードを整理しておくといいでしょう。

不動産会社の仕事は規模が大きく、利害関係人も多いため人同士の摩擦も少なくありません。

少々のことは気にせず、タフに仕事ができる人材が求められています。

面接では世間話をしながら、学生や就職希望者の人柄を見極めていくパターンが多いです。

自己分析を行い、自分が不動産業界に向いているというエピソードを整理しておき、しっかりアウトプットできることが就職のコツです。

不動産業界の就職の窓口は?

不動産業界の就職窓口は①ハローワーク、②縁故や知人からの紹介、③インターネット求人サイトからの応募方法があります。

ハローワーク

現在では不動産業界へ就職、転職でハローワークを利用する人は少数派となりました。
どうしても画一的な支援になりがちであるため、情報が少ないのが実情です。

しかし、不動産会社の事務職で働きたい、パートで働きたいという人であれば、ハローワークを活用することで地域の不動産会社へ就職することは十分可能でしょう。

縁故や知人からの紹介

不動産会社でも一部は縁故や知人からの紹介などのコネ入社があります。
しかし、不動産業界は非常にタフでハードな仕事です。

入社できたからといって、長く働けるかは別問題と言えるでしょう。

転職においては、現在の職場で良好な営業成績を残していると、知人やエージェントからヘッドハンティングの声がかかることもあります。

インターネット求人サイト

現在では多くの人がインターネット求人サイトを利用して就職をしています。
就職の情報を一括して確認することができ、効率的に就職活動を進めることができるのでオススメです。

また、就職のアドバイザーからのサポートを受けることもできるので、早く不動産会社に就職したい人はインターネット求人サイトを利用してみるといいでしょう。

不動産会社はどんな仕事をするの?

市場規模が大きい不動産会社ですが、仕事内容が多岐に渡ることでも知られています。

不動産の売買、賃貸、取り扱う不動産の種類が戸建てなのか、マンションなのかといつたように、不動産会社で得意分野、求められるスキルが異なります。

最初は不動産会社にどのような仕事があるのか全体を見渡してみましょう。

不動産売買業の仕事内容

不動産売買はその名のとおり、土地や建物を売買する仕事です。

自社で土地を大規模に購入してそこに住宅を建築し建売販売するデベロッパー、不動産の売買の仲介業、事業用不動産に特化して建物の建築まで一括して請け負うなど、売買と一言でいっても仕事内容は様々です。

売買においては営業成績が良ければ、給与も営業成績に比例してインセンティブが与えられます。

そのため、営業が得意な人に人気の職種でもあります。
ハードな仕事内容ではありますが、中には年収1,000万円以上稼ぐ営業マンもいるので、努力が報われる業種と言えるでしょう。

不動産賃貸業の仕事内容

不動産の賃貸業は自社の不動産を貸し付ける、または賃貸の仲介するビジネスを行います。

物件の種類はアパート、マンション、土地、倉庫、事務所、駐車場など様々で物件を借りたいお客さんと物件を貸したいオーナーさんの間に立って取引をサポートするのが主な仕事です。

マンションの分譲販売

マンションの分譲販売はマンション建築の企画、設計、施工管理、販売までを一括して行います。

どのプロセスの仕事を担当するかで業務内容は全く異なりますが、営業マンであればテレアポ、ポスティングなど地道な営業活動を行います。

また、休日であれば見学希望者の接客を担当することになり、拘束時間は長めと言えるでしょう。

しかし、市場規模は3兆円と言われており、マンション販売は大手が行っているケースが多いため高収入を狙うのにはオススメです。

デベロッパー

デベロッパーとは大規模な不動産開発を手掛ける不動産会社です。
まずは不動産開発に向けた土地の取得、そのうえで開発内容を決定して、大手ゼネコンなどに依頼をして事業を進めていきます。

経験が浅いうちは既に開発された物件の販売など、営業活動に回されることが多いです。

しかし、実力がついてくれば開発に携わる大きな仕事を任せてもらえるので、スケールの大きい仕事をしたい人にオススメです。

不動産投資用物件の販売

これは居住を目的とした不動産ではなく、あくまで投資を目的とした物件の販売を手掛ける不動産会社です。

投資物件を取り扱う不動産会社は営業職を多く募集しており、結果を残せれば高額報酬も夢ではありませんが、かなりタフな仕事です。

また、投資家は一般のお客さんと違い、不動産に関する専門知識を持っている人も多いためレベルの高いアドバイスなどコンサル領域の仕事を求められることもあります。

不動産コンサルティング

不動産コンサルティングは不動産を保有するオーナーなどに、資産運用や不動産活用をアドバイスする業務を行います。

不動産取引、経済、法律、税務などの幅広い知識を求められるのでレベルの高い職種です。
しかし、「コンサルタント」という名称は誰でも名乗ることができるため、客観性を証明するためにも宅建や不動産コンサルティングマスターなどの資格を取得すべきでしょう。

まとめ

・不動産会社は市場規模が大きく40兆円を規模の市場である。
・タフで少々のことではくじけない精神力が求められる。
・営業成績がよければ高収入を目指せるため、新卒からの人気は高い。
・ハローワークなどを活用するよりも、インターネット求人サイトを利用することで、効率良く就職、転職活動ができる。
・不動産の売買、賃貸、デベロッパー、など各分野で仕事内容は大きく異なる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました