独学での宅建合格は無理?なぜ難しいのか合格者が解説

独学での宅建合格は無理?なぜ難しいのか合格者が解説

お金をかけずに独学で宅建に合格できたら嬉しいですよね。

しかし、独学での合格は「難しい」とよく聞きますし、「無理でしょ」と思ってる人も多いのではないでしょうか?

宅建合格を目指す女性
宅建合格を目指す女性

お金がないから独学で宅建の勉強したいんだけど、合格するのは難しいかな?無理かな?

あおい
あおい

独学での合格は難しいですが、無理ではありません。やり方次第で十分合格できますよ。

今回は、独学での宅建合格は無理なのか、なぜ難しいのかを合格者である私が解説します。

もくじをタップすれば、見たいところまでジャンプできるので便利です。

※いつでも解約OK!退会後もずっと無料で聞ける!

宅建に独学で合格するのは難しい?無理?

独学での宅建合格は無理?なぜ難しいのか合格者が解説1

宅建試験は、おもに不動産取引における必要な知識を問う「国家資格」です。

不動産の取引には賃貸マンションの契約のような10万円前後の取引のものから、数億円規模のビルの取引まで多岐たきにわたり、幅広い知識と専門性が求められます。

宅建士でなくとも不動産会社で働くことはできますが、宅建士の資格を持っていないとできない業務があります。

また、宅建士の資格を持っている人に対して「資格手当」を支給している不動産会社も多いです。

単に仕事の幅が広がるだけでなく、名刺に「宅地建物取引士」と記載するだけで、「法律知識があるな」という信頼にもつながります。

現代社会において認知度が高く、人気の国家資格ということもあり、例年の宅建試験の合格率は15%~17%です。

宅建の有資格者のレベルを一定の水準に保つための試験、いわゆる「落とす試験」ですので、合格率が一定となるように毎年合格点が変わります。50点満点中、35点前後が毎年の合格最低点です。合格率15%~17%というのは、国家資格の中では平均よりもやや易しいですが、受験者の8割が落ちるなら簡単な試験とは言えません。独学で宅建合格を目指すなら、まずはこの前提条件を理解し、舐めてかからないことが重要です。
宅建を独学で合格するためにおすすめの「勉強開始日」は?
宅建合格を独学で目指される方はたくさんいらっしゃいます。独学で宅建合格を目指すメリットは
・自分のペースで学習を進められる
・学習コストがテキストのみ
デメリットは
・学習方法が分からないため効率的な学習が難しい
・モチベーション維持が難しい
と言われています。デメリットさえ解消できれば、独学で宅建合格を目指すのは難しいことではなく、むしろコストパフォーマンスの良い最適解なのかもしれません。そして2つのデメリットを一気に解消する簡単な方法が「短期決戦」です。
宅建試験は年に1回、毎年10月の第三日曜日に全国の各会場で一斉に行われます。申し込みは7月中旬ごろが締め切りなので、だいたいの受験生は申し込みを済ませてから「よし、勉強するか!」となるのが当然の思考です。しかし、10月の本試験までは3か月もありますし、途中に夏休みなどの行楽シーズンを挟むことで誘惑も多く、高いモチベーションを維持し続けることは難しいです。7月からだらだらと勉強を始めた受験生は8月9月とぬるま湯に浸かってしまい、本試験の1か月前になってもアクセルを踏むことができずに、気づいたら本番を迎えている、というのを何人も見てきました。「独学で宅建に合格するのが難しい」「独学で宅建に合格するのは無理」と言われる理由の多くは短期決戦ができていないから。具体的には「お盆を過ぎたら」勉強を開始するというのが個人的なおすすめです。
では、独学のもう一つのデメリットである「効果的な学習方法がわからない」を次の見出しで解説していきます。
宅建を独学で合格するための「効率的な学習方法」は?

独学での宅建合格は無理?なぜ難しいのか合格者が解説2

宅建を独学で合格するためには効率的な学習方法を知る必要ために知っておかなければならないのが、宅建試験の配点です。

宅建試験の配点を見ると、権利関係と宅建業法の出題数が多いことがわかります。ただ権利関係という科目がクセモノで、一言でいうと学習範囲がかなり広いです。宅建試験の合格テキストも基本この並びになっていることが多いので、「よし勉強するぞ~」と意気込んで最初に取り組むのが権利関係ですが、あまりの学習範囲の広さと単語の難しさに心が折れてしまいます。独学で宅建に合格するなら権利関係は「半分取れればいいや」くらいの気持ちで臨んでください。
逆に「宅建業法」は1問も落とさない覚悟で臨みましょう。宅建業法(宅地建物取引業法)は不動産取引における業務を規制する法律です。法学部出身者など一部を除いて、これまでの人生で触れる機会のない領域(=受験者のスタートラインが同じ)であり、20点という配点の偏りから「宅建業法で点数を稼がなければ合格は無理」と言われています。学習範囲も広くなく、過去問の繰り返しで必ず得点できます。
同じ理由で、「法令上の制限」も得点源にすることができます。宅建業法よりも学習範囲は広いですが、基本は過去問の焼き増しなので過去問演習で得意分野にすることができます。特に多くの受験生が苦手としている「建築領域」は、他の受験生と差をつけるチャンスです。
それぞれの科目の理想得点はこちら。
➀権利関係  7点/14問中
②法令上の制限 6点/8問中
③宅建業法   18点/20問中
④税・その他  6点/8問中
(※8問中5問は不動産取引に従事する方は講習を受ければ免除されます)

合計すると37点となり、よほど易化しない限りは合格をつかみ取れます。「独学で宅建に合格するのは無理」「独学で宅建に合格するのは難しい」と考えていた人も、なんだか合格できそうな気がしてきませんか?

【まとめ】

独学での宅建合格は無理?なぜ難しいのか合格者が解説3

このように、「短期決戦」と「効率的な学習」を行えば、独学で宅建試験に合格することは無理ではありません。皆さんも就職・転職に強い国家資格「宅建士」を独学で取得してみてはいかがでしょうか。

※いつでも解約OK!退会後もずっと無料で聞ける!

コメント

タイトルとURLをコピーしました